リンクページ紹介
デイトレード中心FX

少し前まで、デイトレード中心にFXをやっていました。資金はとってもコンパクトで、ランチ代を稼いだりする程度で喜んでいました。

FXを通して世の中の動きが分かるのは楽しく、もともと経済にも興味があったのでいい勉強の機会になり良かったです。

そこそこ順調に稼いでいましたが、仕事をしているときにも相場が気になってしまい、精神的につらくなったのを機にやめました。

私が臆病すぎて、多少の減額にもビクビクしていたからです。こうしたリスクとうまく付き合っていける方がFXを制する人なのだと思います。

FX会社でレバレッジが高い利点とは

h98798FX会社と言えば国内の会社だけでなく、海外の会社でも取引することが出来ます。もちろん、日本からお金を振り込んで国内のFX会社と同じように取引することが出来ますから特に特別な資格はいりません。口座開設についても国内よりも簡単に開くことが出来ますから国内にFX会社を持っている人ならば特に迷うことなく取引を開始することが出来ます。

海外FX会社のメリットはこれだけではありません。よく言われる有名なところはレバレッジについてです。国内の会社だと国内法によって25倍が上限とされ ており、これ以上のレバレッジは会社を興す場合を除けば不可能となっています。FXというものは常にリスクとの闘いですが、それに慣れてくると相場観や経験から確実に利益を出せる相場が存在することに気が付きます。もちろん100%確実というわけではありませんが、それで通常よりも安定的に利益を出せる時に25倍のレバレッジ上限は意外と鬱陶しいのです。

常時25倍にするよりも、利益を出せる確証があれば100倍くらいのレバレッジで取引して確実に損失回避やリスク分散をするプロトレーダーは存在します。 しかし、先にも言ったように日本では25倍のレバレッジ制限がかかっていますから、これを回避するために海外FX会社を利用するのです。海外FX会社はその制限法にかかりませんから理論上無制限でレバレッジをかけることが出来ます。実際に日本国内でサービス展開している会社で最高レバレッジは1000倍です。

1000倍のレバレッジはリスクもその分高くなりますから、あくまでパフォーマンスとしての数字ですが、100以上ならば普通に対応しているということが分かります。そして自分の相場観に合致した時に通常よりも攻撃的な取引を行うのです。つまり海外FX会社とは、そり高度な取引を行う人のためにある会社だといえます。

ですから、初心者が初めから海外FX会社に登録して取引を行うのは危険です。レバレッジはそのリスクを理解しているもののみが扱えるものですから始めの内 は低レバレッジで練習する必要があります。海外FX会社は出金に手数料がかかり、さらには海外から出金しますから、割高の手数料と時間がかかるデメリットがあります。その点からもプロトレーダーのようにクレジット決算を行う人などが向いていると言えます。

チャート分析も細かな分析や自分用のアレンジが可能な点も海外FX会社の魅力点かもしれません。好き嫌いがありますが、日本国内のチャート分析はどうしても単純化しすぎている部分があり、初心者向けであってもプロ向きではないところがあります。より高度な戦術や解析、そして攻撃的な投資を行う人にとって海外FX会社は魅力的なのです。海外バイナリーオプションもやはり国内業者よりも人気が高いと思います。その一つにハイローオーストラリアがありますが、この業者は、海外業者でありながら、日本国内での入出金制度を充実させており、使い勝手のよい業者として知られています。

オススメな投資

投資を始めたいけれど、自分にもできるかどうか迷っている人も多いと思われます。投資というと、安く買って高く売るということが基本になります。たとえば、株式投資ならば、株価が安い時に購入し、値上がりしてから売却して利益を出すことが必要です。また、為替取引においても、同じことがいえます。しかし、買い時のタイミングを見極めることは簡単ではありません。購入してから、株価などが上がるどころか、大きく値下がりしてしまうこともあるのです。こういった点が、投資の難しさだといえます。そして、投資を思いとどまってしまう理由でもあるのです。

さて、そういった不安を払しょくしてくれるものの一つが投資信託だといえます。投資信託というと、毎月、一定の金額を積み立てていくことになります。たとえば、毎月、5000円とか10000円とかいった金額を積み立てていくのです。そして、その積み立てたお金を、いわゆる投資のプロと呼ばれる人たちが運用してくれるのです。そして、コツコツと積み立てていきながら、まとまった資産を形成できるのです。

また、投資信託の場合、毎月の積み立て金額が一定になるので、銀行などの自動積立と同じような感覚で続けることができます。そして、長年、続けることにより、利益を確保しながら、資産形成をおこなうことができるのです。

投資信託以外にも、毎月、コツコツと積み立てていくタイプの投資方法はあります。たとえば、大手の銀行などでは、外貨預金の積み立てをおこなっています。毎月、一定の金額分、外貨を購入していくのです。たとえば、毎月、5000円とか10000円で外貨を購入することになるのです。そうすると、円高の際には、多くの外貨を購入し、円安の際には、外貨の購入は少なくなります。その結果、為替変動によるリスクは少なくなるのです。

そして、長い期間にわたって積み立てたら、為替相場をみながら、売却し、利益を出すことができるのです。一般に、外貨預金は日本円の預金よりも金利が高いといわれています。コツコツと外貨預金に投資するのも、投資信託と同様にオススメできるのです。

また、外貨ではなく、純金積み立てという方法も、資産形成にはオススメできます。純金積み立ては、毎月、3000円とか5000円とかいった少ない金額で続けることができます。資産の一部として、金を保有することは、リスクの軽減という点でも有効です。そして、長く続けていれば、手堅く資産形成をおこなうことができるのです。